注文してないのに出てきたコーヒー

投稿者: | 2016年12月23日

今日の投稿は、ks421ksさんからです。
私は正直英会話に自信がありません。英語の成績はとても良いのに、なぜか高校の英会話の授業だけは散々なもので、苦手意識を持つようになりました。
とはいえ、ハワイなら英会話が苦手であれ、そんなに支障は起きないだろうと考えて、気軽に渡航しました。4泊6日のツアーでしたし、英会話が出来なかろうと、そこまで困る事もないでしょう。
初日、ホテルに着くと、金庫の鍵をもらってくださいという指示がありました。私も一緒に行った友達も英会話が得意ではありません。
当然ながらお互いに押し付け合いが始まりました。
しかし、いつまでもロビーでウダウダしてるのは勿体無いので、私は意を決して「Safety box key,please」とガチガチで話しかけてみたところ、フロントのスタッフがニヤリと笑い、日本語話せます!と一言。
その瞬間、体中の力が抜けました。何はともあれ通じたようなので、カギを受け取り部屋に行きました。
結局、ハワイなら日本語も通じるんだ、と少し気が楽になりました。
綺麗な海で毎日遊べるし、リゾート地特有の開放感から、夜も素敵な海沿いのバーでお酒を飲んだりして、旅を満喫しました。
ハワイって本当に日本人が旅するのにも優しいんだなと思いました。英会話の出来ない私ですがハワイは最高です。なぜなら、ほぼ日本語が通じますし、若干の単語さえ繋げれば、十分に意思疎通を図る事が可能だからです。
苦労もないままに、毎日楽しく遊んで過ごしました。海で遊び、お買い物をしまくり、それはもう楽園でした。
そして、最終日の朝、朝食を食べにワイキキのマクドナルドに向かいました。青空にキラキラ光る太陽を見ていると、日本に帰るのが惜しまれます。最終日にもなると、英会話の不得意な事すら忘れていたのです。
しかし、マクドナルドでは注文をしなくてはなりません。ここにきて店員さんは日本語が話せなかった為、少々緊張感が走ります。前後には外国人のお客さんが並んでいます。失敗してモタついたらどうしよう、とガチガチになって並びました。
ですが、事前に勉強しまくっておいたので、コーラではなくコークと言わなくてはならない事を知っていました。そこで、「One Coke,please」と頼んでみたところ、店員さんは笑顔で受けてくれました。通じたんだ!と震える胸を撫で下ろし、席についてコーラを飲もうとしたところ、様子がおかしいのです。
それはコーラではなく、コーヒーでした。ですが、注文が違ってた事を伝えるなんぞ更に難関過ぎて無理でした。爽やかな青空の元、コーラを飲みたかったのですが、残念ながらホットコーヒーでハワイに別れを告げました。
英会話を習っておけば、最後にこんな悲しい思いをせずに済んだのに、と少々残念な思い出を作ってしまいました。
英会話が必要ないと思ったハワイでしたが、やはり必要になる時はなるものです。もう少し英会話を勉強していたら、旅がもっと楽しかったかもしれません。
海外旅行を計画している人がいましたら、少しでも英会話をマスターしてから渡航する事を勧めたいと思います。